税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

税務調査~法人の設立~

税務調査と法人の関係について調べています。
今回は、『税務調査と法人税』の関係について調べてみました!!
もし、法人を設立した場合、どのような手続きが必要で、税務署へ何の届出書の提出をしなければいけないかまとめてみました。
(1)法人設立届出書
普通の法人か協同組合などを設立した場合には、設立から2か月以内に「法人設立届出書」という書類を税務署に下記の添付書類をつけて提出しなければならない。
~添付書類~
①設立した時の貸借対照表 ②定款の写し ③設立の登記簿 ④株主の名簿の写し ⑤設立の趣意書 ⑥連結子法人の場合はその連結親法人の名称や納税する税務署を記載した書類 ⑦被合併法人等の名称及び納税する税務署を記載した書類

また、必要に応じて下記の書類を所轄の税務署長に提出します。
①青色申告の承認申請書
②減価償却資産の償却方法の届出書
③棚卸資産の評価方法の届出書
④有価証券の帳簿価額(1単位あたり)の算出方法の届出書

Comments are closed.