税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

税務調査~法人の交際費~

法人の税務調査について調べています。
今回は、交際費についてです。
以前、法人で支払っている交際費は経費には該当しないと聞きましたが、すべての交際費が該当しないのでしょうか?
調べたところによると、会社が支出する交際費は定額控除以上は経費にならないそうです。ということは定額控除以内であれば会社の経費になるということですよね?!
定額控除は資本金の額によって決まるもので、資本金が1億円以下の場合は一律400万円までが交際費として認められるのだそうです。
しかし、定額控除の400万円以内であっても支出した交際費の10%までは経費にはなりません。
交際費はそもそも全額経費にするべき!なんて私は景気回復の意味も含めて思うのですが、経費を使って「遊んでしまおう」という悪い考えの人もいるために、このような法律ができたのでは?と考えます。
まとめると、資本金1億円以下の場合は400万円までが交際費として経費に計上でき、それ以上は経費とはならない。資本金1億円を超えている法人の場合はすべてが経費の対象外となる。

Comments are closed.