税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

税務調査~税務対策!利益の額を減らすには~

会社や法人のために税金を減らして節税しようと考えるのであれば、肝心になってくるのが税金を計算し始める時の利益額を減らすという方法があります。
利益の額を減らすためには、2つの方法があります。

①売上じたいを減らすと自然に利益額が減る
②経費を増やすと利益の額が減る

以上のように、売上を減らしたり経費を増やすことで利益額は減ります。
しかし、節税を考えるあまりこのようなことをつづけていると、利益が減るということになり当然業績が悪くなるという、いわゆる業績不振の決算書になってしまいます。
しかも、その決算書は税務署だけに提出しておけばいいとういうものではなく、融資を申し込むときは銀行の金融機関に決算書を提出しますし、新しく取引を開始しようとする取引先からも決算書を見せてくださいといわれれば見せなくてはいけなくなります。
もちろん、株主にも提示する必要があります。
これらをふまえて決算書を提出する相手によっては、会社がどう見てもらいたいかやどうみてもらうべきなのかが分かれてくると思います。

①取引先や金融機関や株主や社員には利益額を良く見せたい。
②税額を減らすために税務署だけには利益額を少なく見せたい。

しかし、あまり節税しすぎると必要な時に資金調達が出来ないと意味がありません。
しかし、資金繰りや納税額は押さえたいですよね?!そんなときこそ利益の額を減らさずに税額じたいを減らすという方法があります。
それは税額控除制度で、
上記のように、「税額控除制度」を活用すると、利益などはそのままで税額のみを減らすことができます。

Comments are closed.