税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

源泉所得税の税務調査が入ったら・・・

早いもので今年も半年が過ぎようとしていますよね!
税務調査と法人について調べているのですが、今回は法人の源泉所得税の税務調査についてお話したいと思います。

この調査は、東京国税局の管轄内の場合は主として資本金が1億円以上の法人を対象として3年~5年に1度くらいの割合で行われる税務調査です。
源泉所得税の税務調査を税務署から何度か受けている法人の場合はいいのですが、初めて厳選所得税の税務調査を受けるという法人のもあると思います。
このような法人に租税条約などの取り扱いは難しいのですが、税務署の調査官の中にも知識や経験の浅い人もいるために、チグハグな指摘をしたくせに後から追徴するよな場合もあるのです。
こんなバカげたことはありませんよね!!
しかし、一般の法人で働く経理の社員や経験の少ない顧問の税理士ではこんなことすら分からないのではないでしょうか?
結果的に税務署の方からごり押しされなくなく納得のいかない課税処分を甘んじてしまうということがおこります。

そんな事がないように難しい租税条約をちゃんと理解する必要がありますよね!

Comments are closed.