税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

税務調査と外資系の法人

税務調査と法人の関係について調べているのですが、ここ数年で外資系の法人の税務調査が多くなってきたということを耳にします。
それだけ外資系の法人が増えてきたということの表れだとは思いますが、その外資系の法人を税務調査するために税務署では外資系の法人や海外取引に重点を置く法人に対して税務調査を行うポストが設置されたようです。
この外資系の法人などに対して税務調査を行うポストがそれなりの成果をあげたために、外資系の法人の源泉所得税調査についても同じような専門のポストが設置されたそうです。

また、外資系の法人の税務調査や源泉所得税の調査だけではなく、その法人の免除証明書などの手続きや用件が目的が正しいか厳しく税務調査で指摘されるようになったそうです。

しかし外国法人の日本支店に対して行われる法人税などの税務調査は国税局がたんとうするのですが、源泉所得税の税務調査に関しては税務署の専門ポストが法人の源泉所得税に関して税務調査をおこなうことになります。
この外資系法人の源泉所得税の税務調査でもっとも注意しなければいけない部分があります。
それは、次の2点。
①海外から派遣してくる外国人従業員に関連する費用
②海外本店や親会社からの付け替え費用
これらは、日本の所得税に関する法律では所得税法の源泉徴収を義務付けているものが含まれることが多くあるために、本店や親会社からの指示だと思い簡単に支払ってしまうと、あとから税務調査の対象となるので注意が必要です。

Comments are closed.