税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

法人の3つの区分①

税務調査と法人に関することを手探りというか手当たり次第に分からない言葉を書き込んできた私。
それでも、税務調査に関する言葉について調べているだけで1年以上経過しました。

今回は、本当に初期のころに戻って税務調査と法人についてお話を進めていこうと思います。

法人を税務調査をするときについてのお話をしていこうと思うのですが、税務調査をする場合に法人を3つに区分けして調査を行うということをご存じでしたでしょうか?
「循環接触法人」
「継続管理法人」
「周期対象除外法人」
以上の3つの区分に分けることができるのです。

その3つの法人についてお話しをしていこうと思うのですが、循環接触法人というのは、通常の会社(法人)のことをいうのです。
会社の税務調査と機関は通常3年~5年で行われ、長くても6年~7年で行われることが基本となっています。
その会社の過去の税歴だったり、業種によっても税務調査の調査サイクルというものが異なるために、優秀な法人だったり、納税に対する意思がしっかりしていると税務署から認められている法人に対しては税務調査による指導が必要ないものとみなされるために、その法人の税務調査自体が5年に1度あるかないか?という感じになるそうなのです。

出来ることなら、自分の会社もこのような優良法人になりたいものですよね!
でも、なるのは簡単なことです。
ちゃんと納税をして税務調査にい必要な書類などをちゃんと管理することが出来れば誰にでも優良法人になれるチャンスがあるのです。

Comments are closed.