税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

税務調査と税理士さん

税務調査で税務署から受ける指摘の中には会社として納得できない場合が多くあります。
税法の解釈になんだか納得のいかない場合もありますし、調査官が会社の実態をちゃんと分かってない場合もあります。

こうした場合どうしたらよいのでしょうか。
税務署と交渉して、その主張がすんなりと戸尾連ばいいのですがそう簡単に進むことはあまりありませんよね。
もめる原因として税理士さんが税務署とじっくりと交渉してくれているか見てみましょう。
税務署との交渉は税理士さんの腕にかかるものです。税理士さんの実力が如実に反映されるのがこういった場合です。
そういった場合のときのために、腕のよい信頼できる税理士さんに日頃からお願いしたいものですね。
十分なコミュニケーションがとれないのであれば、税理士さんの変更も一つの方法ではないかと思われます。

税理士さんの選びかたですが、
その1.気軽に相談できる人であるか。
税理士さんの中にはえらそうな態度でこちらの言い分を聞いてくれないなんて人も中にはいます。そうした人ですと何か疑問があったときに相談しずらいですよね。
その2.気の合う人であるか。
税理士さんとは長いお付き合いになると思います。そうした付き合いになるのですからやはり気の合う合わないは大事なポイントになりますよね。
その3.自分の会社のことを親身になって考えてくれるかどうか。
当たり前のことかもしれませんが中にはいい加減な対応をする税理士さんというのもいます。そうした人かどうかは普段税のことについて学んでいない人にはわかりずらいかもしれませんが、日頃の対応でわかるときもあります。

税務調査で納得のいかないことがあってもしっかりと対応してくれる税理士さんに頼みたいですね。

Comments are closed.