税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

タックスヘイブンと税務調査

タックスヘイブンって知っていますでしょうか?
租税回避地のことなのですが、このオフショアを利用してグローバル化の進んでいる今日、海外資金を運用している法人も多くなっています。
これを受けて国税庁もタックスヘインブンに流出した国内資金を調べるようになってきました。

タックスヘイブンとは合法的に租税を回避できるよう法人税や所得税が免除されるのですが、タックスヘイブンはその土地で事業をしていない日本にある法人であればもちろん利益がでても日本の税金がかかることになっています。
これを知らず海外で運用している資金だからといって申告しないと税務調査によって追徴課税が課せられてしまいます。
では租税軽減のメリットはないのではないかと思われるかも知れませんが適応外の条件もあります。
例えば特定外国子会社の本店や主な事務所の所在地で、その事業を行うのに必要な店舗などの固有施設があったり、特定外国子会社がそこでの事業管理や支配運営を行っている法人。主たる取引の50パーセント以上を関連者以外のものと行っていたりする場合などであれば、つまり事業所があり、事務員もいて日本以外との商売を行っていれば日本の課税はなくなります。
ただ株式や船舶や航空機の貸付などは先にあげた基準を満たしていても適応外になることがあるので注意が必要になります。
きっと海外で行う合理性がないため、規制されているようです。

タックスヘイブンを利用する際には注意しましょう。

Comments are closed.