税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

税務調査と除斥期間

税務調査が来ることになって、どんなことを準備しておけばよいかわからないことも多いと思います。
気になるのが、税務調査の際どこまで遡って経理を調べられるのかというのも一つの疑問ではないでしょうか。
つい最近のことだけであれば資料をすぐ出すことができたり、質問にも答えられるとはおもうのですが、かなり前のことになると覚えてないことも多いのではないでしょうか。

準備のためにもどこまでの調査が行われるのか気になると思いますが、税務調査には除斥期間という調査をする期間が決まっています。
この除斥期間外のことは調べることはありません。ですので、長くてもその間の期間のことについて準備しておけばよいのです。
除斥期間なんですが、税務署に提出された申告書の内容に税額等で間違いがあった時などの厚生の場合には、法定申告期限から5年となっています。そして不正や偽りがあった場合には法定申告期限から7年と決められています。
この期間を過ぎていれば、納税者には権力を行使してはいけないことになっています。
もちろんこの期間内であれば、税金の支払いにミスなどがあれば追徴課税だったり罰金がきます。もちろん大きな脱税になれば実刑になることもあります。

ただ、この除斥期間をすぎたからといって税金を払わなければよいかというのではなく、税務署などからの税金を納付してくださいとこなくなるだけなので、自分から進んで税金を納めることも可能です。ですが、気をつけたいことは、公正や催促を受けた場合はこの期間は伸びます。このように時効は5年や7年より長くなる場合もあるので注意しましょうね。

Comments are closed.