税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

税務調査の基準?

法人に税務調査が入りすい条件を上げてみましょう。

まず売上高の大きい会社というのは、税務調査の対称になることが多いです。
同じように、黒字の会社や急成長した会社、マスコミなどで話題になった法人というのも同様に対象になりやすいですね。
そして法人に税務調査の検討がされるときに重要視されるのが、過去の税務調査だそうです。

税務調査の調査官というのは、増差税額というノルマが設けられているようで出来れば税金を取れる会社に税務調査はいりたいと思っているのです。ですので税金を取れそうな法人が対象になるというわけです。
つまり過去の税務調査で問題があり、増差税額を多く納たことのある法人では、この法人を調査すればとれるかもしれないとノルマの達成のためにも調査される確率が高くなるのです。逆に税歴表に問題のない会社であれば、この法人は税金も取れないので行っても取れないということが多いのであまり税務調査が行われないのだとか。
ですが大抵の場合は3年から4年の間に1回くらいはあるみたいですね。
税金というのは7年経つと無効になってしまうので、その間に法人には1回は来るようになっているそうですが、ほとんど来ない会社というのも良く聞きますよね。そうした会社は過去の実績から信用されている法人とも言えるのではないでしょうか。税務調査の徹底対策に日頃から信頼できるよう、しっかりとしておきたいものですね。

Comments are closed.