税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

法人への税務調査の時期

税務調査が行われる時期は法人の種類によって時期があるそうなのですが、法人として事業を行っている以上税務調査はいつかは受けることになります。
その大体の時期をしっておき、日頃からちゃんと準備しておけば堂々と対応できるのではないででしょうか。
税務署調査は法人になってもあまり経験ないことが多く、準備をしていないとどうしたらよいかわからず不安になるものです。
そうしたことのないように、堂々と対応できるようにしっかりと予備知識や普段からの準備をしておきたいですね。

法人といっても税務調査は個人事業者と中小法人によって時期が違っています。
個人事業者の場合、所得税は毎年3月15日、消費税の申告は3月31日となっています。
税務署では法定調、一般収集資料、実地調査資料、個人情報などを照合しつつ申告が正しく行われているかを照合することになります。
怪しい場合は電話や文章などで説明を求め、修正申告や紀言語の申告となります。
そしてそれに応じない場合は事業所まで税務署調査官が訪れ税務調査が行われるようです。

そして中小法人の場合、税務署は法人を継続管理法人、循環接触法人、周期対象除外法人という区分を行って法人への税務調査が行われています。
継続管理法人は大きな不正が見込まれる会社、循環接触法人は不正に加担している可能性のある会社、周期対象除外法人となると経営者や事業の拡大といったような法人に変化の合った場合、申告の内容を確認する必要がある法人となります。
順番に4-5年に一度、3年に一度、10年ちかく税務調査が行われないという形になります。

継続管理法人とならないように普段からしっかりとした対応をしておきたいですね。

Comments are closed.