税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

税務調査~法人①~

法人や会社などを税務調査をする場合には、3つに区分けして税務調査を行うそうです。
この3つに分けることによって、税務調査の対応も少しずつ変わってくるようです。
今回は、3つに区分けされたうちの1つである『循環接触法人』とやらに注目してみたいと思います。

循環接触法人
循環接触法人とは通常の会社のことをいいます。
会社の税務調査と税務調査の期間は通常3年~5年で長くて6年~7年が基本とされています。
その会社の過去の税歴や業種によっても税務調査調査サイクルが異なるため、優秀で納税意志もしっかりしている会社だとと認められた優良法人にたいしては、税務調査による指導が必要でないとみなされて、税務調査調査は5年間に1度あるかないかという感じになります。

Comments are closed.