税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

税務調査~法人②~

法人の税務調査の場合は3つに区分けして税務調査を行い、この3つに区分することによって、税務調査の対応も変わってくるようです。
今回は、3つに区分けされたうちの1つ『継続管理法人』に注目してみたいと思います!

継続管理法人
継続管理法人とは税務署から懸念される法人や会社のことであり下記のような会社が該当します。
①過去に多額の不正を行った会社
②悪質な会社
③脱税をした会社
④前回の税務調査の内容がひどく悪かった会社
⑤税金の申告漏れや相当ある会社

過去に多額の不正を行た会社の調査は、通常3年に一度なのですが、必要があれば税務署の指導や税務調査などが行われます。
その他の悪質な会社には毎年と言っていいほど税務調査を行います。税務署の立場から言えば「お得意先?」「強化指導先」といったところになります。

Comments are closed.