税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

税務調査~法人の相続税①~

税務調査と聞くだけでも頭の中に?マークがたくさんでてくるのに、『相続税』といわれるともっと???になってしまいます。
今回は、法人で相続税が発生する場合どのような税務処理が必要かを考えてみました。
例えば、家族の誰かが有限会社を経営していた場合、その社長が死亡した場合に相続の問題が発生します。
故人の借り入れ金は無くても、有限会社が銀行などから借金をしている場合でも相続税がかかってます。
このような場合でも相続税を支払うくらいなら借金返済へ回したいと誰でも考えると思いますが、会社と個人の借入金は相続財産と関係がないため、相続財産の合計が基礎控除の額を超えてしまう場合は相続税の申告と納付が必要となってきます。
この申告と納税をしなかったら、税務調査の相続税について税務署から指導を受けることになりますので、きちんと申告と納付をすることをお勧めします。

Comments are closed.