税務調査を法人が受ける場合の対応と方法について

税務調査~法人の相続税②~

税務調査の中には『相続税』というものがあります。
税務調査で相続税を支払わなくてはいけない人や相続税が課税される財産の範囲について調べてみました。
◆課税の対象となるもの
(1)財産を受けたときに日本国内に住所をもっている人
(2)財産を受けたときに日本国内に住所をもっていない人で下記の要件を満たす人
 イ 財産を受けたときに日本国籍をもっている人
 ロ 財産を受ける人が財産を渡す人の死亡日の5年前以内に日本に住所をもっていたことがある人
(3)日本国内にある財産は相続や遺贈などによって受けた人で、日本に住所を持っていない人((2)の人は除く)でも日本にある財産は課税の対象となる。
(4)どれにも該当しない人で、贈与によって相続時精算課税の対象となる財産を受けた人の適用を受ける財産が税務署の課税の対象となる。

最も注意が必要になるのは、社団や財団や公益法人に対しての相続税がかかる場合で、これは法人に対する課税となることから相続時精算課税となる。
贈与税の課税制度は「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つからなり、ある一定の条件に該当する場合どちらにするか選択することができます。
この制度は、贈与した時に贈与税を納めておき、贈与者の死亡と同時に時に贈与財産の価額と相続財産の価額とを合計した金額を相続税額から既に納めた贈与税を控除することで、贈与税と相続税を納税したということにすることをいいます。

Comments are closed.